<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

木曽の宝石タナビラ

木曽では、アマゴのことをタナビラと呼びます
イワナと比べると頭がとがった流線型で、体側の朱点があるのがヤマメとの違いです
フィッシュクラフトの制作過程で一番悩むところが着色です
色出しの為に、写真とにらめっとしてると自然はどうしてこんな絶妙な色のバランスが
できるんだろうと思ってしまいます。
f0065551_628839.jpg

魚体を構成する色を一つ一つ抜き出してみると、
けっして綺麗な色ではないんですがそのことが体側の朱点を際立たせていることがわかります
そして、その色彩こそがまさしく日本の伝統色なんだと気づかされました
現在の生活環境では、なかなか見ることが少なくなった
昔の日本の古着の色、おばあちゃんの服装、もんぺの色です

地味で派手ではありませんが、その奥行きのある微妙な色彩に
若いころは、どちらかというとあまり好きではなかったのに

最近妙に惹かれます。  年のせいでしょうか・・(笑)
f0065551_6282256.jpg

[PR]
by fishcraft | 2009-05-27 07:14 | ハンドクラフト

新作

今回取り組んだのは、秋田の美しいヤマメ
依頼されてから一年半も経ってしまいましたが、ようやく完成しました

f0065551_195438.jpg

秋田 役内ヤマメ 29㎝
〔釣り人:daikyu〕

f0065551_113215.jpg


依頼主のOさんには、長い間、お待たせして申し訳ありませんでしたが(汗)
そのかいあってか、なかなかいい感じに仕上がりました

できれば、手元に置いておきたい心境です!
[PR]
by fishcraft | 2009-05-19 02:47 | ハンドクラフト

野武士の風格

フライの達人からお借りした一枚の写真。

釣り人のネットにおさまる大イワナの写真ですが、その姿は
威厳に満ちた堂々とした態度が風格さえ感じさせ、
野武士のような鋭い眼光が見るものを圧倒します。

今回はこの大イワナのクラフトです。
どんな感じになるのか最後までワクワク、ドキドキの連続でしたが
ようやく念願だった東北地方の大イワナを作品にすることができました

野武士のような大イワナに相応しい、重厚な感じを出す為に
部分的に皮を残した楠の台座を使いました。

私としは、とても気に入った作品に仕上がったと思っています。
f0065551_23145673.jpg

秋田県 玉川水系 イワナ 38cm
〔釣り人:daikyu〕

f0065551_20364695.jpg

[PR]
by fishcraft | 2009-05-06 22:21 | ハンドクラフト


釣人の思いがアートで蘇る。木彫のフィッシュクラフト


by fishcraft

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

作品展のお知らせ
フィッシュ クラフト作品集
釣り師のたわごと
ハンドクラフト
鳥の目釣行
四コマ釣り劇場
釣り師の肖像
プロフィール
ご注文・お問合せ

お気に入りブログ

trans+
terry's Rive...
永源寺のなまぐさイワナ
Drag-Free Dr...
釣るっぱげ!
terry's Phot...
なづな雑記
ギフの山猿「フライ日記」
渓流の近くで一泊
おっさんのメタボな生活
つっちーのフライフィッシ...
あぶらびれパトローラー
g i @ n t の ...
tabiのひとり言
さすらいの釣り馬鹿
太郎坊日記
ロ★コンろーりー。
陸に上がってた☆Flyman!
Cycle Cafe!!
水辺の想い出
ultreya blog
Keiちゃんの Good...
森のフィッシュ魚ッチング
~BQイッチー フィール...
ぼっくりの釣行記

ライフログ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧