カテゴリ:鳥の目釣行( 15 )

山形釣行

憧れの東北。
なんとか車で行ける所は・・・ということで今回もdaikyuさんおすすめの山形の美渓に行ってきました!

f0065551_0195716.jpg

初日はなんとか数は釣れまして意気揚々と二日目に突入です。
無理して渡った右側に大物が居そうなポイントが!
ところがこの日はここまで一匹も釣れてないので少々周りが見えておらず
daikyuさんが左岸から狙ってたポイントにキャストしてしまい
尺上が逃げちゃったみたい・・・(汗)
そんなlこんなで、二日目はなんと「ボ」でございます
世の中そんな甘くないですね!(笑)

f0065551_141383.jpg

f0065551_21454168.jpg
f0065551_2146041.jpg


走行距離1440キロ。片道約9時間の大遠征でしたが
ブナの森が育んだそれはそれは美しい渓で、ロッドが振れたことは、
釣り師としては最高に幸せな時間でございました。

同行いただいたdaikyuさん、OZさん、shikadaさん、syouちゃん、トクちゃん
本当にありがとうございました!
[PR]
by fishcraft | 2011-09-21 01:03 | 鳥の目釣行

2011年パラダイス釣行

今年で3回目のパラダイス釣行。
今回は、daikyuさんのおじいさんが、めっちゃ釣ったと言うところに行くことに。
しかし、50年も前の話で(笑)、川の名前は分かってるんですが、
とにかく山奥という以外、具体的にどこで釣ったかわからない全くの新規開拓です。

早朝、コンビニで待ち合わせ・・ところが一人が寝坊で1時間半ほど待ちぼうけでしたが(笑)
9時には入渓地点の駐車場に到着。
新しいザックを担いていざ出発!
一泊のわりには何でこんなに重いのか(汗)
ほどよくT字路に差し掛かり右に行くか左に行くか皆で相談し右の渓を目指すことに。
出発してからずっと坂道を上り続け、あごが上がってきたころ眼下の渓で
大きな魚影を見つけて俄然やる気が!
林道の最終地点まで行ったところでテン場を設営。
とりあえずみんなで乾杯し、いよいよ釣りのはじまりです。

初日はトクちゃんとの釣行です。
出だしからバラシの連像で、焦りかけたころに待望の一尾が!
f0065551_20292778.jpg

竿の曲がり具合からどんな大物が!と思いましたが・・・何とスレでした(笑)

しかし、最後に釣りの神様のご褒美が!完璧なヤマトイワナとの対面です!
f0065551_2030425.jpg


f0065551_20294595.jpg

今回は、釣り場の情報が50年前なんで(笑)釣れなかったらどうしょうと全員不安の釣行でしたが
結果は大満足の釣行でした!
渓のセレクトしてくれたdaikyuさん、折れたネットを修理してくれたとくちゃん、
装備隊長のshouちゃん、皆さんお世話になりました!
また来年よろしくお願いします!
[PR]
by fishcraft | 2011-08-16 21:14 | 鳥の目釣行

「三人のフライフィッシング展」開催中!

五月5日には会場にいる予定です。
しかし・・・・甲津原交流センターに行く道すがら、ちょこっと寄り道してるかもしれません
お許しくださいませ!!
f0065551_21293866.jpg

f0065551_5145748.jpg

甲津原交流センターはこちら
[PR]
by fishcraft | 2010-05-01 21:41 | 鳥の目釣行

「三人のフライフィッシング展」はじまりました!

朝の8時半からお昼過ぎまで、わいわい!がやがや!
三人でやるのは初めてで、展示する場所も、あっちこっち
10時過ぎにはお客さんも見にこられ、地元新聞社の取材もあって、てんやわんや!
12時をとっくに過ぎたころ、ようやく展示完了!(汗)
f0065551_21225888.jpg

当日にも関わらずコムさんや釣り帰りのゴンザさんがよってくれました
本当にありがとうございます!
今回は渓流の側の会場ですので
帰りにコムさんが一時間ほど遊んでみて、なかなか良かったみたいです!
ちょっと遠方ですがぜひお越しくださいね!
f0065551_6253189.jpg

甲津原交流センターはこちら
[PR]
by fishcraft | 2010-04-24 21:55 | 鳥の目釣行

琥珀色の夢

すでに時刻は夕方の5時過ぎ・・・。
いよいよ夕まづめのポイントを残すのみとなった
大久さんに教えてもらったというその場所は、
入渓地点から少し下った堰堤上のなんでもないチャラ瀬だったが、堰堤下を覗いて見てビックリ!
おそらく50メートルはあろうかと思われる巨大な堰堤で下を覗いただけて足が震えてくる高さだ。
万が一、大物が釣れてうっかり後ずさりしたものなら・・・・・・

そんなことを考えてる間にいよいよライズがはじまった!
f0065551_20494064.jpg

交代で釣る間も、かなりの大物のライズがあり、テンションは上がりっぱなし!
すぐ後ろの堰堤のことなど、すっかり忘れて目の前のライズに夢中になった

琥珀色に染まった流れの中での夢のひととき・・・。

たとえ明日に地球が滅ぼうとも、今日、ロッドを振るフライマンかな・・・・(笑)。
[PR]
by fishcraft | 2009-09-24 22:12 | 鳥の目釣行

27年前のパラダイス

いい渓なんだけどね・・・・・。と、言われる渓はそこそこあれど。

syojiさんのスタイルはルアーフィッシング
5センチほどのシンキングミノーを使ってアクションを加えて魚を誘い出すスタイルだ。
この渓では所々にFFよりむしろルアー向きといえる瀞場や深場が現れる。長いものは20~30メートルはありそうで、いかにも大物が潜んでいそうな気配に満ちている。

しかし、この日は別の意味で違った・・・。

f0065551_204327.jpg

大物こそ出なかったが、そこそこのアマゴ、イワナが多い時は4~5尾がキャストするたびにミノーに群がってくる。一心不乱に追ってきた渓魚は、釣り師の1~2メートル手前でふっとわれに返ったように追うのを止めてその場でたむろするものや、もといた場所に引き返すなどいろいろで、その魚影の濃さには驚かされる。
ドライではほとんど反応しなかった所でもミノーには複数の渓魚が何処からとも無く集まってきて、特に浅瀬では、魚が良く見えるものだから、見ているこちらまで興奮してくる。


27年前のパラダイス。ちょっとルアーもやってみたくなった!
[PR]
by fishcraft | 2009-08-24 20:09 | 鳥の目釣行

27年前のパラダイス

2時間歩いてパラダイスがあるんですが・・・

ただし、27年も前のことらしい・・・

そんなdaikyuさんの甘い誘い??に、二つ返事で乗ってしまった騙され易いおっちゃん達5人
メンバーは、daikyuさん、OZさん、shikadaさん、shojiさんと私の5人である

山登りも久しぶりだが、テントを担いでの釣行は初めてだ・・。
30年前の大きなザックを修理して、これも30年前から今でも使ってるシュラフを詰め込み
ガスコンロにEPIガス、コッフェル、着替え、銀マット、ヘッドランプに救急箱、食料とビールに飲み水、
釣り道具一式などなど
最後に期待と不安を詰め込んだザックは15キロを超える重さになっていた

二時間の辛抱たと、自分に言い聞かせて歩き始めたが・・・
はじめの登り30分ほどで、すでにびっしょり汗をかき、長くキツイ登りが二時間ほどつづいた・・・
ようやく天場にたどり着いたころにはすでに3時間を越えていた

f0065551_20234367.jpg


キツイ山岳釣行でしたが、
山奥での満天の星の下でのキャンプは村上康成さんの絵本「ようこそ森へ」の1ページのようでした

27年前のパラダイス・・・。
今回、確実におじさん達の心の中に、生き続けることと思います。
誘ってくれた、daikyuさんとメンバーに感謝です!

しかし、一泊の釣行でビールロング缶10数本+焼酎1升+ウイスキー500ミリL・・・重いはずやわ(苦笑)
[PR]
by fishcraft | 2009-08-18 03:01 | 鳥の目釣行

鳥の目釣行 vol.8

冷たい川
それは突然目の前に現れた・・・
20メートル以上はあると思われる巨大な滝だった!

前回の釣行でSisyouと見つけた冷たい川への新しいルート
どんな渓相で、どこまでいけるか確かめるためにOZさんと3人で遡行を開始した
1時間ほど釣り上ったころに、私たちを阻む巨大な滝が現れたのだ

f0065551_2043350.jpg

圧倒的な水量と大きさにたじろぎながら、高巻きのルートを探してみると
滝の左側の斜面が何とか登れそうなんで、思い切って登ってみると
上手い具合に滝の上にたどり着くことができた。
下を見ると釣友二人が小さく見えた
夢中で登ったので気づかなかったが、50メートルほどは登ってるようだった
高巻けることを確認し、もう一度仲間のところに降りていった

この先がどうなってるのかは、来年のお楽しみだ・・・。

シーズン最後にこんな素晴らしい大滝に出会えて本当によかった
「ボ」の多かったシーズンでもあったがそれ以上に楽しいシーズンでした。
これも釣友のおかげですね。
[PR]
by fishcraft | 2008-09-30 00:22 | 鳥の目釣行

鳥の目釣行vol.7

「祝福」

この日、二つ目の堰堤を越えても、まったく音なしのかまえ・・・
いよいよラストと決めた三つ目の区間でまずSisyouにあたりが来た
何度、釣行を重ねても先に釣られると変に焦ってしまいます
このまま私だけ、永遠に釣れないんじゃないかと・・・
弱気な妄想が浮かびかけたころようやく私にもあたりが来てくれました

この区間は期待がもてそうだ!と急にポジティブな気持ちになったころ
大物が潜んでいそうな堰堤が見えてきました

f0065551_02449.jpg

すぐさまSisyouにあたりが!
くやしさを押し殺して、(笑) 駆け寄りネットを見た途端
お互いに歓声が上がり自然と祝福の握手を交わしていました!

釣りの神様
わたくし、少しは大人になったのでしょうか・・・(笑)
[PR]
by fishcraft | 2008-09-18 01:59 | 鳥の目釣行

ログに集う

開田高原 夏の終わりの大反省会図

OZさんのログにまたまた集合です!
今回は、東のお客様がどど~んとこられて、大人数の賑やかな集いとなりました!

f0065551_12278.jpg

こうやって一人一人思い出しながら描いてるとみなさん個性的な方ばかり・・・
今後も懲りずにお願いします!次回は、一番最後まで起きてるぞ~

shikadaさんご夫婦には宴会の準備から料理など本当にお世話になりました
めっちゃ美味しかったですね~

またログのオーナー、OZさんのご好意には本当に感謝です
掃除もせずに失礼しました!
お誕生日のお祝いか、日曜日は爆釣やったそうで、わたしの今年の釣果を完全に超えられましたね(笑)

みなさん、今後もよろしくお願いいたします!


 
[PR]
by fishcraft | 2008-08-27 01:50 | 鳥の目釣行


釣人の思いがアートで蘇る。木彫のフィッシュクラフト


by fishcraft

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

作品展のお知らせ
フィッシュ クラフト作品集
釣り師のたわごと
ハンドクラフト
鳥の目釣行
四コマ釣り劇場
釣り師の肖像
プロフィール
ご注文・お問合せ

お気に入りブログ

trans+
terry's Rive...
永源寺のなまぐさイワナ
Drag-Free Dr...
釣るっぱげ!
terry's Phot...
なづな雑記
ギフの山猿「フライ日記」
渓流の近くで一泊
おっさんのメタボな生活
つっちーのフライフィッシ...
あぶらびれパトローラー
g i @ n t の ...
tabiのひとり言
さすらいの釣り馬鹿
太郎坊日記
ロ★コンろーりー。
陸に上がってた☆Flyman!
Cycle Cafe!!
水辺の想い出
ultreya blog
Keiちゃんの Good...
森のフィッシュ魚ッチング
~BQイッチー フィール...
ぼっくりの釣行記

ライフログ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧