カテゴリ:釣り師のたわごと( 115 )

「されど新規開拓!」

釣において、新規開拓ほど、わくわくどきどきすることは無いのではないでしょうか!

しかし、釣れなかった時の疲労感たるや・・貴重な時間を返してくれ!と叫びたくなりますね!
ましてや、関西に住む私にとってそう簡単に行くことが出来ない東北釣行となるとなおさらです。
できれば、新規開拓なんぞせずに実績のあるポイントに行きたいのが人情というものですが
今回同行してくれた釣友は、新規開拓をメインにした東北釣行を単独でこれまで十数年続けていると言うから頭が下がります。
と言うことで、今回は三日間の釣りで、一日を新規開拓に充てることになりました。
f0065551_8232886.jpg

地図を見ながら現地に行って入渓地点を探し、GPSと地形図をみながら遡行を行います。
果たして釣れるのか・・・今は釣れないけどもう少し行けば釣れるかもしれない!などなど・・
期待と不安と危険が入り混じったカオス的釣行となります。
いつも直ぐに結果を求める人や、どちらかと言うと保守的な人には、新規開拓は向いてないかもしれません

たかが釣りですが、何か、仕事や人生に通じるものがあります。

歳を重ねると何事にも慎重になり、新しいことに億劫になります。
せめて釣りでは、新規開拓!

と自分に言い聞かせる、釣友に感謝する東北釣行でした。
[PR]
by fishcraft | 2014-08-01 08:25 | 釣り師のたわごと

『 人はなぜ同じ過ちを繰り返すのか・・ 』

ふと、目にした新聞にこんなタイトルの本の紹介があった
そう・・なぜか毎回釣りに行くとよく忘れ物をする
釣りの現場に着いてから・・あ!シューズ忘れた!とか
しばらく釣り上がってから、あれ予備のティペットが無い!
リーダーやフロータントの予備も!となるのだが、

今回の東北釣行は同じ過ちを繰り返さ無い為に、この辺は完ぺきだ!

と思っていたら・・・
f0065551_6112421.jpg

世の中、何がおこるかわからない・・・
遡行して二時間ほどでなんとロッドが折れたのである!!

まだ初日でだ!

ラインを出してる最中にほぼ真ん中から折れ曲がったのである
どうも傷があったらしい・・

釣友曰く・・

「ロッドが身代わりになってくれてご主人を守ったと思えばね」

ええこと言うな・・・と感心していたら
カズさん当然スペアロッド持ってきてるんでしょう??

え~??あ!!!忘れた!!!( ̄□ ̄;)!!

「人はなぜ同じ過ちを繰り返すのか・・ 」(;¬_¬)
[PR]
by fishcraft | 2014-07-23 06:13 | 釣り師のたわごと

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます!
旧年中はいろいろとお世話になりありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
f0065551_12235442.jpg

[PR]
by fishcraft | 2014-01-02 12:28 | 釣り師のたわごと

『 大苦戦の黒部川・・・。 』

何と言うことだろう・・・・

10年来ここで釣りをやってる松澤さんが、こんなことは初めてだと言うほど

黒部ダムに水が無いのである。

と言うことは、黒部川も大渇水でダムから遡上する魚が少なく

おまけに、シーズン最終の土日とあってなんと足跡だらけで釣人がいっぱいなのである

そんな初日に苦戦した私達の為に、二日目は一番釣れそうなポイントに入れていただき

ようやく私にも精悍でぷりぷりの黒部らしいイワナに逢うことができました!
f0065551_6255861.jpg

ここまで釣れない言い訳をだらだらと書いてきましたが

こんな状況でも釣る人は釣るんですね!

私達フライと餌師を含めた3人が釣りを終えて、入渓地点に戻ってくると

最低でも20は釣れた?とボートを護岸に寄せながら聞いてきたのが松澤さんである。

私達の釣果を聞いて、そんなわけないでしょう??と

今、脱渓したばかりの小川ほどの小さな川に再度入渓し

本当に尺上を含めた十数匹のイワナを釣ってきたのである( ̄□ ̄;)!!

このお方、仲間内ではイワナ大王と呼ばれているらしい!

恐るべし、テンカラ名人!

おじさんフライマン二人は、真剣にこの方に弟子入りしょうかと思ったのである(^◇^;)

松澤さん、今回はとても素晴らし経験をさせていただき本当にありがとうございました!
できることならまた来年行きたいです!

どうか宜しくお願いします!
[PR]
by fishcraft | 2013-10-09 06:27 | 釣り師のたわごと

『 黒部川本流へ! 』

朝もやの黒部ダムをゆっくりと進むボートには、
フライにルアー、テンカラに餌釣り師と釣り方は違えど、
渓流釣りをこよなく愛するオヤジ達が10名も乗り込んでいます。

あっちこっちでライズがはじまり、否応なしにテンションが上がる中、ようやく黒部川の上陸ポイントに到着し、ここで6名が船から降りたった。

ここからは、約1時間の歩きとなるらしい・・・。

てっきり川沿いに続く平坦な山道かと思いきや、これがジェットコースターのようなアップダウンの激しい梯子だらけのルートでそろそろ息があがりそうなころ、

辛抱たまらんメンバーの一人がこの辺で釣りにしませんかの一言で急きょ、小さな沢沿いに黒部川の本流に降りたつことになった。
f0065551_161411.jpg

ついに、憧れの黒部川本流に降り立ったのだ。

なんと雄大で美しい景色だろうか・・。

こんな中で釣りができることに感謝しながら、

「黒部で釣りしたら足にイワナが当たるらしいでぇ~」という、

釣友の話を確かめるべく、そそくさと釣り支度を始めるのであった・・。
[PR]
by fishcraft | 2013-10-05 01:07 | 釣り師のたわごと

憧れの黒部へ!

山に行かなくなってから何年になるだろうか・・・。
朝日に輝く黒部の山々は、あの頃と何一つ変わらず若い頃を思い出し熱いものが込み上げてきた

変わったのは、私の方だな(苦笑)

まさか釣竿を担いでここに来るとは思ってもいなかった。
釣友から、黒部に釣りにいきませんか!と誘われ
是が非でも行きたいけど、私にはもうそんな体力は無く断ろうかと思っていると、
カズさん、その点は心配しなくていいんですよ!
弾むような釣友の声!

こうして目的は違えど、二十数年ぶり黒部にやってきた。
f0065551_701639.jpg

仲間の誰かが言った・・。

いま少年の時の様にわくわくしてます!

凛と張りつめた空気の中、

熱い思いのおじさん達を乗せた小さなボートは、早朝の黒部ダムをゆっくりと進みだした。
[PR]
by fishcraft | 2013-10-01 07:01 | 釣り師のたわごと

オズさんの誕生日

f0065551_1841192.jpg


いつもログハウスでお世話になってる釣り友のオズさんのお誕生日に
オズさんが釣ったイワナのイラストをプレゼントさせていただいた
オズさんの笑顔がナイスショット!(Photo by Terry)

f0065551_1841347.jpg

[PR]
by fishcraft | 2013-09-23 18:46 | 釣り師のたわごと

いざ東北へ・・・。

明日、新潟経由で福島に行ってきます!
今回は釣りではございません!

以前、テレビで福島県立美術館に伊藤若冲をはじめ、
長沢芦雪、酒井抱一など江戸時代を代表する画家の名品の数々で
世界的に知られるプライスコレクションの展示が紹介され、これは行かねばと思い、

嫁さんに相談してみると非力やけど少しでも福島の支援になれたらええやん!
と言うことになり、母親も連れて家族4人で行くことになりました。

新潟の地酒や若冲も楽しみですが、二日目に宿泊する会津若松も楽しみです!

こっそり釣り道具を積み込みたいところですが、我慢我慢!(笑)
f0065551_21363540.jpg

[PR]
by fishcraft | 2013-09-13 21:38 | 釣り師のたわごと

『 帽子のお話・・。 』

私は汗かきなんで、釣りに行く時は、決まって網目の大きい帽子を愛用している
しかし、このお気に入りの帽子は、釣行中に雨が降ってくると

網目から雨がダイレクトに入ってきて大切な頭皮を守れません

そんな時は、もう一つ持参している普通の帽子にチェンジするんですが
やはり普通の帽子はなんか気に入らないのです

そこで、前回の釣りでは二重に帽子を被ってみた!

これなら見た目にも分からないしナイスアイデアと思ったら

釣友から、フライボックスは1つしか携帯しないのに、

帽子を2つ持参し釣り上がるとはお洒落ですね~とブログに書かれ・・

あんたには何の迷惑もかけてないんやから・・・

ほっといてんか!
f0065551_1263592.jpg

[PR]
by fishcraft | 2013-09-08 12:06 | 釣り師のたわごと

『ドキドキ!わくわく! 』

思わずニンマリとしながら笑みがこぼれた!

これまでは、周りが木々に覆われていて、ロッドを振るのも不自由だったが

釣友と交代した矢先に、目の前にいかにも大物が潜んでいそうな開けたプールが現れた!

これまでの蜘蛛の巣の、状況から先行者はいないし、

何と言ってもここは東北の渓だ!

大物がいないわけがない!

ゆっくりとキャストしながら、手前からフライを流し込んでいった

ゆらゆらと流れてゆくフライを眺めていると

来るか!来るか!尺イワナ!

この時ばかりは、ドキドキ、わくわく!期待に胸が張り裂けそうだ!

普段の日常生活で、こんなに純粋にドキドキすることがあるだろうか・・・

ましてや56歳のおじさんに、こんなにわくわくすることがあるだろうか・・・

そいつはおもむろに現れた!
f0065551_5425713.jpg

大きな黒い影がまるで潜水艦が浮上するように、ゆっくりと毛バリに向かって浮き上がってきた!

きた~!

まるでスローモーションをみるように、そいつはゆっくりと捕食動作に入った!

しかし、魚はスローモーションでも、私の方はずっと魚の動きを見ていて、すでに心拍数は上がりっぱなし

無我夢中でロッドをあおり、魚とのやり取りがはじまったその直後

手元には大物の感触を残したまま、そいつは川底に消えていった・・・。

後ろでは、釣友が笑っている・・・

私には、大きな落胆とともに悔しさが体中を駆け巡っていた・・・。
[PR]
by fishcraft | 2013-08-01 05:44 | 釣り師のたわごと


釣人の思いがアートで蘇る。木彫のフィッシュクラフト


by fishcraft

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

作品展のお知らせ
フィッシュ クラフト作品集
釣り師のたわごと
ハンドクラフト
鳥の目釣行
四コマ釣り劇場
釣り師の肖像
プロフィール
ご注文・お問合せ

お気に入りブログ

trans+
terry's Rive...
永源寺のなまぐさイワナ
Drag-Free Dr...
釣るっぱげ!
terry's Phot...
なづな雑記
ギフの山猿「フライ日記」
渓流の近くで一泊
おっさんのメタボな生活
つっちーのフライフィッシ...
あぶらびれパトローラー
g i @ n t の ...
tabiのひとり言
さすらいの釣り馬鹿
太郎坊日記
ロ★コンろーりー。
陸に上がってた☆Flyman!
Cycle Cafe!!
水辺の想い出
ultreya blog
Keiちゃんの Good...
森のフィッシュ魚ッチング
~BQイッチー フィール...
ぼっくりの釣行記

ライフログ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧